KuppingerCole Analysts、3つのLeadership Compass ReportsでTransmit Securityを「総合リーダー」に選出

Author

信頼あるアナリスト企業に、特にランキングレポートにおいて自社が評価されることは、大変名誉なことです。ですから、1 つのみならず3つものKuppingerCole Leadership Compass Reportsにおいて「総合リーダー」に選ばれたことは、Transmit Securityだけでなく、顧客IDプログラムの改善と近代化に取り組んでいるすべてのチームにとって極めて重要であると感じます。

Transmit Securityは、先日発表された「2022 Leadership Compass: Passwordless Authentication」において24社のベンダーと、「2022 Leadership Compass: CIAM Platforms」において22社のベンダーと比較して評価されました。「2021 Leadership Compass on Fraud Reduction Intelligence Platforms」において当社が「総合リーダー」に選出されたのに引き続いての評価です。さらに言えば、3つのカテゴリーすべてで「総合リーダー」に選ばれたベンダーはTransmit Securityだけです。

「総合リーダー」とは?

ベンダーをランク付けするために、アナリストは深く掘り下げた市場調査を行い、ソリューションを機能ごとにテストしています。KuppingerColeは、「市場セグメント、ベンダーサービスの機能性、相対的な市場シェア、革新的なアプローチなどを調査する」と表明しています。

「総合リーダー」は、すべてのカテゴリー(製品の機能性、革新性、市場での存在感、財務状況)で優れていなければなりません。これら3つのレポートにおいてアナリストは、強力なアカウント保護と優れたユーザビリティを実現しているベンダーを選びました。KuppingerColeは、Transmit Securityを全面的に優れたベンダーとしてこのトップカテゴリに属するわずか4つのベンダーのひとつに位置づけました。

KuppingerCole Analysts、3つのLeadership Compass ReportsでTransmit Securityを「総合リーダー」に選出 - KC Blog img 1 – JP 1 1

パスワードレス部門の4つのカテゴリーにおけるリーダー

パスワードレス認証に関するレポートにおいて、Transmit SecurityはPasswordless Authentication部門の総合リーダー、製品リーダー、革新性リーダー、市場リーダーの4カテゴリーのリーダーに選ばれました。レポートでは、「Transmit Securityのプラットフォームは、パスワードレス認証市場で最も豊富な機能を持つ製品の1つであり、パスワードレスソリューションの導入を検討しているあらゆるタイプの組織に適していると思われる」と述べられています。

KuppingerColeは、Transmit Securityが強力なオムニチャネルやクロスチャネルのユースケースをシンプルかつシームレスに満たせる点を評価しています。また、このレポートは、認証に専用のモバイルアプリを必要としないなど、企業が顧客の行程を柔軟に構成・構築できる当社のIDオーケストレーション機能にも言及しています。

KuppingerCole Analysts、3つのLeadership Compass ReportsでTransmit Securityを「総合リーダー」に選出 - KC Blog img 3

2022 Leadership Compass: Passwordless Authentication
Transmit SecurityをPasswordless Authentication部門の総合リーダー、製品リーダー、革新性リーダー、市場リーダーに選出。

長所:

  • 利用者目線に立ったプラットフォーム
  • グローバルパートナーエコシステム
  • 柔軟な導入オプション
  • 豊富な認証装置
  • 強力なオムニチャネル機能
  • 優れたオーケストレーション能力
KuppingerCole Analysts、3つのLeadership Compass ReportsでTransmit Securityを「総合リーダー」に選出 - KC Blog img 2 – JP 1 1

CIAM部門の2つのカテゴリーにおけるリーダー

顧客ID・アクセス管理(CIAM:Customer Identity and Access Management)プラットフォームに関するレポートにおいて、KuppingerColeはTransmit Securityを「総合リーダー」および「革新性リーダー」と位置づけ、当社のプラットフォームがカスタマイズ可能なワークフローで顧客を簡単かつ柔軟にオンボーディングできる点を高く評価しています。また、スケーラブルで可用性の高いマイクロサービスアーキテクチャと組み込み型のFraud Risk Intelligence Platformサービスにも言及しています。

長所:

  • FIDO UAF & 2.0サーバー準拠
  • スケーラブルで可用性の高いマイクロサービスアーキテクチャ
  • ドキュメント検証やライブネステストなど、リモートID検証用API
  • あらゆる機能を備えたFRIPサービス内蔵
  • 優れた管理インターフェース
  • Call to Webセッションマッピングを含むコールセンターの統合

不正削減インテリジェンス部門の4つのカテゴリーにおけるリーダー

KuppingerColeの「Leadership Compass on Fraud Reduction Intelligence Platforms (FRIP)」最新版において、Transmit Securityは総合リーダー、製品リーダー、革新性リーダー、市場リーダーに選ばれました。

製品リーダーシップのトップクラスの企業内でも、Transmit Security は、群を抜いていました。KuppingerColeは、Transmit Securityが不正削減インテリジェンスプラットフォームのあらゆる側面を広く、深くカバーしている点を評価しました。

長所:

  • 使いやすいフローチャート式のポリシー構築インターフェース「Journey Editor」
  • アプリ/SDKによるIDプルーフィング統合とデバイスインテリジェンス
  • クレデンシャルインテリジェンスのフィードを設定可能
  • 徹底的なUBAと取引リスク分析
  • コールセンターの統合により、Call to Webセッションマッピングが可能
  • すばやい導入と統合
  • 高いアップタイムSLA

すべての行動の中心にある革新性

当社のチームは、素晴らしいお客様と一緒に、ID管理や認証だけでなくIDセキュリティや不正防止にも対応する、業界最高クラスの最新のCIAMサービスを設計・構築しています。デジタルIDを保護し、アカウントベースのID詐欺を防止し、顧客認証システムを改善するというミッションのもと、真の革新者とともに働けるのは有難く、光栄なことです。 #oneteam!

これで終わりではありません。今日のプレスリリースでも発表されたこの評価は、私たちが革新を続けるモチベーションをさらに高めるものです。名誉のためではなく、最新のエンドツーエンドの顧客ID・アクセス管理サービスによって、お客様の顧客保護を支えるために

Transmit Securityについて